PKP B8mnopuvz

enjk4.jpg PKP WLAB10mnouz

enjk5.jpgenjk6.jpg BC WLABmee (62 21 70-90 243-2)

現在は廃止されてしまいましたが、ポーランド首都ワルシャワからオランダ首都アムステルダムまで運転されていたEuroNight 446/447 "Jan Kiepura"には、ロシア首都モスクワおよびベラルーシ首都ミンスクからはるばるやってくるロシア国鉄(RZD)およびベラルーシ国鉄(BC)の寝台車も連結されていました。さらに、道中のドイツ国内では

  • チェコ首都プラハからの City Night Line 456/457 "Kopernikus/Phoenix"
  • デンマーク首都コペンハーゲンからの City Night Line 40447/40473 "Borealis"

という2本も併結し、三階建ての長編成となってアムステルダムまで走っていました。(2012年頃の編成) → 編成参考 : YouTube - "EN 446 Jan Kiepura"

LS Modelsから発売されている各種製品を組み合わせることで、この編成を再現しやすくなってきましたが、さらに不足しているポーランド国鉄の簡易寝台車 "B8mnopuvz" と寝台車 "WLAB10mnouz" 、およびベラルーシ国鉄の新型寝台車 "WLABmee" を製作し、晴れてフル編成を再現できるようになりました。

ベラルーシ国鉄の新型寝台車は、ポーランド国鉄の寝台車と基本設計が共通になっており、一部の窓配置や部品が異なる程度でほぼ同一形状となっています。

-------------------

Base: 3D Printed Material(Roof, Chassis, Bogie) + Photo-etched brass plate(side)
Painting: Self-mixed acrylic color(GSI-Creos Mr.Color, Gaianotes Color, Greenmax Railroad Color, etc)
Inscriptions: Self-made decal (Printed by Alps MD-5500 Printer)

pkp1.jpg

EXIF1942.jpg

EXIF1943.jpg

LS Modelsから発売されているRZD新型寝台車を用いてEuroNight Moscow-Paris(またはMoscow-Berlin、Moscow-Nice)を再現しようとすると、ワルシャワ以西で連結されている食堂車(PKP:ポーランド国鉄所属)が不足するため、これを製作しました。

3Dプリント+エッチング板による全自作となります。

-------------------

Base: 3D Printed Material(Roof, Chassis, Bogie) + Photo-etched brass plate(side)
Painting: Self-mixed acrylic color(GSI-Creos Mr.Color, Gaianotes Color, Greenmax Railroad Color, etc)
Inscriptions: Self-made decal (Printed by Alps MD-5500 Printer)

DSCN2375.jpg

以前より開発・自前利用していた、欧州型Nゲージ向け自然解放防止アーノルトカプラーですが、DMMマーケットで試験的に販売開始してみました。

8両分:http://make.dmm.com/item/773776/

32両分:http://make.dmm.com/item/773778/

当方で執筆を担当しています、「月刊とれいん」 No.509(2017年5月号)の「N GAUGE EURO REMIX」連載記事でも紹介したアイテムです。

ヨーロッパ型鉄道模型で標準的なNEM355規格ソケットに装着されているアーノルトカプラーは、取り付け足に斜めの切り欠きがあることで上下方向に可動するようになっていますが、この部分にはバネ復元力が無いため、長編成で牽引抵抗が増したときなどに自然解放しやすいという問題があります。

そこで、このカプラーは取り付け足の構造を変更し、上下動しないようにすることで自然解放しづらくなっています。

代わりに自動連結はできなくなっていますので、少し持ち上げながら連結するといった扱いが必要となりますのでご注意ください。

DSCN0420.jpg

2015年国際鉄道模型コンベンション 結伝杜ブースにご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

当方では外国型Nゲージ新作として「TGV Ouigo」、およびチェコ鉄道(ČD)のEC/IC用客車などを製作展示しました。

sbb_wrb_sb1.jpg

sbb_wrb_sb2.jpg

HOBBYTRAIN IC2000の現行食堂車が発売されたことで旧Bistro車が余剰となったため、昨年登場して話題となったSTARBUCKSカフェ車を作ってみました。

元の塗装をベースに一部のクリーム色と赤色を塗り直して現行食堂車塗色同様にしたあと、ステッカーとデカールでSTARBUCKSロゴを追加した程度のお手軽加工です。

IMGP5984.jpg
IMGP5985.jpg

荷物室(主に自転車用)付きのBduu497.2(50 80 84-33 276-8)です。
以前製作したCity Night LineのBDcmと同じ工法で、Minitrixの旧型客車の側面をエッチング板に置き換えて製作しています。

IMGP5988.jpg
IMGP5990.jpg

Südost Bayern Bahn(バイエルン南東地方の地域輸送会社)に所属している食堂車です。Silberlinge型に組み込まれた編成で活躍しているようです。
中古で入手したOrientrot色の同型車を塗り替えました。
車番は61 80 88-94 309-6で、レギオ色の食堂車としては唯一の存在です。

IMGP5986.jpg

Minitrixの旧Interregio Bimzを現行色に塗り替えました。
レギオ色をしていますが所属はIntercity車などと同じDB Fernverkehrで、Regio DBロゴが付いていないのが特徴です。

IMGP5987.jpg

ARNOLDから発売されたHalberstadtタイプの3両セットですが、1・2等合造車が含まれていなかったので、2セット導入して中間1両を塗り替えました。
残った先頭車はSilberlingeタイプと混結したり、2階建て車と混結したりと、いろいろな編成例に使うことができます。
製品に色合いを合わせるため、普段使っているVerkehrsrot(自家調色)をさらに調色した塗料を採用しています。

IMGP5972.jpg

IMGP5973.jpg

IMGP5976.jpg

IMGP5975.jpg


EW4食堂車の量産タイプ(WRm)を新色・旧色ともに製作しました。
Roco(現在はFLEISCHMANN) EW4試作食堂車を窓埋めし、ドアおよび小窓をデカール印刷で簡易再現したものです。
車番は新塗色を61 85 88-94 114-5、旧塗色を61 85 88-94 107-9としています。


IMGP5981.jpg


制御先頭車(Bt)がFLEISCHMANNから発売され、InterCity再現用に必要な残りはこのAS(荷物室付き一等車)のみとなったので、旧塗色の一等車をベースに製作しました。
荷物室側の妻面の扉や幌取り付け穴を埋めてフラットにし、側面はそのまま新塗色に塗り直したものです。
車番は50 85 81-95 016-1/50 85 81-95 012-0/50 85 81-95 035-1です。


IMGP5977.jpg


EuroCity用パノラマ一等車にも近年新塗色車が出てきたので、MINITRIX製品を塗り替えて再現しました。(車番:61 85 19-90 110-1)
実物は最近では国際列車には使われず、もっぱらInterRegioで余生を送っているようですが...


IMGP5979.jpg

IMGP5980.jpg

車椅子対応サロンカー、SRm「le salon forum」(61 85 89-73 551-2、旧50 85 89-73 551-5)です。新塗色になってからの実物資料が少なくて苦労しました。
ちなみにSBB公式サイトでも紹介されています。
Rocoのユーロフィマ形にエッチング側面の組み合わせという、最近よく採用している手法です。

cwlmun1.jpg


cwlmun2.jpg

ワゴン・リ社の寝台車の中でも新しいグループとなるMUn型は、当初オランダで「Overnight Express」に使用されていました。
その後オーストリアに転籍し、現在は主にイタリア方面の夜行列車(EN Lupusなど)に組み込まれて使用されているようですが、いまだにオランダ語表記のままとなっています。そろそろ塗り替えなどが行われるかもしれません。

屋根がビード付きのためRocoのT2Sをベースに側板交換、床下はカバー付きなのでユーロフィマ用のものを使用しています。
特徴となる紫色の星マークや表記については、MDプリンタで出力した白色デカールを貼付して下地とした後、レーザープリンタで同じものを紫色で出力して上貼りしました。

JAM2010 製作車両の紹介

| 0 Comments | 0 Trackbacks

2010年JAMコンベンション向けに製作・展示走行した車両群を紹介します。

今は無きCISALPINO EuroCity "Cinque Terre"を再現した11両編成(A×2、B×5、それ以外1両ずつ)です。ApmのみSBB、それ以外がTrenitaliaの車籍となっています。
ApmはMinitrix SBB TypEC、AとBはRocoユーロフィマの塗り替えですが、ユーロフィマはドアのみ自作エッチングパーツに交換して現在の気密タイプとしています。
BH・WR・Dについてはエッチング側板を用いて製作。WRの屋根はFleischmannのDB一等車(Avmz旧タイプ)から、下回りはSBB EW4から流用しました。

現在のCity Night Lineには欠かせないBDcmとBpm。以前青色で試作したものを量産化し、BDcmは3両・Bpmは4両製作しました。

DB NachtZugから新色化されたBomz236。こちらも以前製作していましたが、色や表記類を見直して新規に4両作りました。
前回分は塗装を落としてDB NachtZug色に作り替える予定です。

編成を組むのに食堂車が足りないので2両製作しました。上は元々Jan Kiepura用だったWRkmz858.0、下は最近新色が登場したWRmbz138(元DB NachtZugのBistro)です。
WRkmzはRoco DB Bpmzの窓埋めを行ったもの、WRmbzはMinitrixのInterRegio用BistroCafe(ARkimbz262)の塗り替えです。

以前依頼品として製作したÖBB ADmpszですが、最近ADbmpsz(73 81 81-91)となっているようなので自分用はそちらの表記で製作しました。

SBB RIC客車に似たタイプのBcmzのうち、気密・高速化されたタイプ(61 81 59-90)を4両製作しました。
KATO RIC簡易寝台車の側板交換です。

こちらはUIC-Z型準拠のBcmz 73 81 59-91.1 Liegewagenです。
側面はほとんどBmzと同じですが、窓が1カ所だけ無く、その横の窓がずれています。

Modular Wagenと呼ばれる角張ったタイプの簡易寝台車、Bcmz 73 81 59-91.2です。
こちらも昨年試作したものを改良・量産化しました。

T2S寝台車のうちÖBBに残ったものはシャワー室設置のため一部窓が埋められています。Roco製品の窓埋めで製作しました。
また、61 81 71-71と61 81 75-71の2種類が存在し、71-71は窓配置が異なりますので、そちらも窓埋めにてそれらしい窓配置としてみました。

DBから購入した食堂車、WRmz 73 81 88-95です。写真は検索で出てくるものの実物資料があまり無く、現在も活躍しているのかどうかは不明です。
Fleischmannの同タイプ(ICE色)の塗り替えですが、編成を組むRoco製品と車高が揃わないのがネックです。

SBBのInterRegioには欠かせない荷物車のICN色(最新バージョン)。
ArnoldのSNCF色製品の側面ルーバーを削り落として塗り替えました。

SBBのサロンカーを作ってみました。EW4 2等車をベースに窓埋めや中央窓の固定化(窓縁を削る)を行ったものです。一部小窓形状などが実物と異なります。
"le salon de luxe"が2両(S 61 85 89-90 100-7/S 61 85 89-90 101-5)、"le salon liberté"(旧"Pan Gottardo"、S 50 85 89-95 000-7)が1両存在しますので、すべて製作しました。

jam2010.jpg


第11回 国際鉄道模型コンベンションでの展示に向け、欧州客車をいろいろ作っています。
同時にこれだけ大量に塗装したのは初めてかもしれません...果たして全部完成するのでしょうか。