LocoTools

LocoToolsは、Digitrax社のDCC製品の通信に使用されている「LocoNet」プロトコルを、PC接続インターフェースを通じてWindows上でやりとりするためのソフトウェア群です。

目次

LocoToolsの構造と概要

コマンドステーションとコンピューター インターフェースを通じてLocoNet信号のやりとりを行うサーバーである「LocoTools Server」を軸に、それ以外のソフトウェアは別々のクライアント アプリケーションとして実装されています。

クライアント アプリケーションとして、現在のバージョンでは次のようなものが含まれています(画面写真は一部古いバージョンのものです)。

LocoTools Simple Throttle/Simple Switcher

 

列車の走行制御(Simple Throttle)、ポイントの切り替え(Simple Switcher)を行うことができます。

LocoTools Programmer

デコーダのプログラミング(アドレスやCV値の読み書き)をGUIで簡単に行うことができます。

LocoTools FastClock Viewer/Manager

 

LocoNetの機能のひとつである「FastClock」(倍速時計機能)を設定・表示するためのツールです。

この時計はLocoNetスロットル(DT400など)上やサードパーティ製パネル時計(Logic Rail Technologies製など)でも表示することができ、ダイヤ運転を行うときなどに利用します。

LocoTouch Host

   

スマートフォンやタブレットなど、Android/iOSを搭載したポータブル デバイスからLocoToolsの制御を行うためのホストとなるソフトウェアです。

LocoTouchについて詳しくは、LocoTouch紹介ページを参照してください。

Switch Manager

画像データ(PNG形式)とXML形式による定義ファイルを読み込み、駅やヤードのポイントを画面上に表示。クリックで転換を行えます。

画像は「全部のポイントがClosedの状態」と「全部のポイントがThrownの状態」の2枚を用意し、実際の状態に連動して画面上でもポイントの開通方向が切り替わるようになっています。もちろん、画像ですので線路配置図に限らず、ボタンを並べたようなデザインにすることもできます。

ポイントを直接クリックするほか、画像状の任意の領域(駅ホームなど)をクリッカブル エリアにすることが可能で、それについては複数のポイントをまとめて切り替えるように指定することができます。これにより「番線指定」でのホームやヤードへのポイント開通を一括で行えます。

主な特徴

動作環境

コンピューター側に必要な環境

上記以外のWindowsでの動作確認・動作保証は行っていません。

TCP/IPの通信を妨害するファイアウォールソフトウェア(「Windows ファイアーウォール」を含む)を利用している場合は、LocoTools ServerおよびLocoTouch Host(LocoTouchを使用する場合)との通信を許可する設定を行う必要があります。

LocoNetとコンピューターの接続についての詳しくは次章を参照して下さい。

利用するために必要なDCC製品

LocoToolsが対応し、動作確認を行っているハードウェアは次の通りです。

DB150は双方向通信をサポートしていないため利用できません。今後の製品についても「DB」系列は未対応となる可能性が高いです。

コンピューター インターフェースについては、MS100と互換性のあるものなら動作すると思われます(LocoBufferなど)。

シリアルポートについて

MS100やMS100互換のシリアルアダプタを用いる場合はシリアルポートが必要になりますが、「コンピューター のマザーボード上に直接実装されているシリアルポート」に接続することを推奨します。

シリアルポートが搭載されていないコンピューターの場合は、USBシリアル変換アダプタが必要になりますが、一部の製品ではMS100との通信に必要な特殊なボーレートに対応していないものがあります(例として、IO DATAの「USB-RSAQ2」は未対応でした)。通信がうまく行かない場合はこの点をご確認ください。

こちらで正常動作を確認したUSBシリアル変換アダプタとしては、

があります(LocoTools Ver1.01より対応)。

また、MS100はD-Sub25ピンコネクタですが、一般的なWindowsコンピューターのシリアルポートはD-Sub9ピンコネクタですので、コネクタ形状の変換アダプタや双方のコネクタ形状を持った接続ケーブルを利用する必要が生じます。これらの選定の際は、ピンが「クロス結線」になっているものではなく、「ストレート結線」になっているものを選定してください。

ダウンロード

LocoTools 本体

インストール時、プログラムの動作に必要な「Microsoft Visual C++ 2015 Redistributable」(Visual C++ ランタイム ライブラリとして知られているもの)が同時にインストールされます。お使いのコンピューターにこのランタイム ライブラリがインストールされていない場合、インストールに数分程度時間がかかる場合があります

LocoTools 本体 Ver2.00以降をインストールしている場合は、そのまま上書きインストールによるバージョンアップ(設定引き継ぎ)が可能です。LocoTools 本体 Ver1.01以前を使用していた場合は、先にアンインストールしておいてください。

自己解凍型セットアップ プログラム形式で配布しています。ダウンロードしたファイルを実行することでインストールを行えます。Windowsの設定によっては以下のようなセキュリティ警告の画面が表示されますが、問題はありませんので、ファイル名を確認の上、続行してください。

プログラムへのショートカットがスタートメニューに登録されますので、まず「LocoTools ヘルプ」を起動してお読み下さい。

アンインストールはコントロールパネルの「プログラムの追加と削除」から行うことができます。

LocoTools SDK

こちらはLocoToolsクライアント ソフトウェアの開発のためのソフトウェア開発キット(SDK)となります。詳しくは同梱のドキュメントを参照してください。

本SDKおよびSDKを用いて開発したプログラムを使用するためには、LocoTools 本体 Ver4.00以降のインストールが必要です。

本SDKには、TCP/IPパケット送受信エンジンをカプセルした.NETクラス ライブラリを利用するVisual BasicおよびVisual C#のサンプル プロジェクト(Windows FormsおよびWPF、VisualStudio2010以降に対応)が同梱されています。

また、専用のActiveXコントロールを使用するサンプルも含まれています。こちらはActiveXを利用できる環境であれば、.NET Framework対応言語の他に、例えばネイティブC++やDelphi、WSHのVBScript/JavaScript(JScript)、アプリケーションのマクロ言語などからも制御を行うことができます。

旧バージョンのダウンロード

最新バージョンが正常動作しない場合、旧版の対応環境が必要な場合などは旧バージョンをご利用ください。

LocoTools 本体 Ver1.01以前を使用していた場合は、先にアンインストールしておいてください。

奥付

更新履歴

2016/03/08

LocoTools Ver4.00およびLocoTools SDK Ver4.00を公開。

2012/07/26

LocoTools Ver3.10およびLocoTools SDK Ver1.00を公開。

2011/12/18

iOS版LocoTouchを公開。

2011/12/04

LocoTools Ver3.00を公開。

LocoTools Ver3.00に組み込まれたため、試作ソフトウェア置き場からはLocoTools FastClock Manager/Viewerを削除。

試作ソフトウェア置き場およびJMRIとの相互運用を別ページ化。

2011/03/01

2010/07/20

LocoTools SDK Ver0.50βを公開。

2007/03/05

LocoToolsマスコンドライバ Ver0.71βを公開。

2007/02/13

LocoToolsマスコンドライバ Ver0.70βを公開。

2007/01/13

ページ構成を大幅改訂。

LocoTools本体 Ver2.00、LocoTools Switch Manager Ver0.40β、LocoToolsマスコンドライバ Ver0.60β、LocoTools ADC Driver Ver0.70βを公開。

LocoTools本体の変更点:

2006/12/26

Switch Manager Ver0.30βを公開

2006/11/28

動作確認USB変換アダプタ1点追加

2006/04/14

本体 Ver1.01を公開

2005/10/25

本体 Ver1.00を公開、追加ツールキット Ver0.50 Technology Previewを公開

2004/11/12

本体 Ver0.80βを公開

製作・著作

Copyright(C) 橋本孔明(Koumei Hashimoto), all rights reserved.