KH Train Factory


トップ画像/主に宇部線の平日朝ラッシュで見られるクモハ123と105系の併結運用(2015年10月13日、宇部新川駅)

ご案内

  • エリエイ様「とれいん」誌:「N GAUGE EURO REMIX」コーナー(不定期掲載)を担当させていただいています。
  • ネコ・パブリッシング様「RM MODELS」誌:「模型にしたい新車!」の連載や一部車両工作記事などを担当させていただいています。
  • イカロス出版様「J-Train」誌:209~E233系列の新情報連載記事を担当させていただいています。
  • イカロス出版様より発売中の「首都圏新系列車両Profile(AA)」:全般的な監修や本文記事執筆等を行いました。→詳細を見る
  • イカロス出版様より発売中の「E231/E233 Hyper Detail 首都圏新系列電車の全貌(AA)」:901~E531の各形式の形式紹介および各部品の解説、全般的な監修等を行いました。→詳細を見る

2016年11月30日

LocoTouch Android版をメジャーバージョンアップ

LocoTouch Android版アプリをメジャーバージョンアップ(Ver2.00)しました。※iOS版も追ってバージョンアップを予定しています

従来、接続用のホストとしてLocoToolsのLocoTouch Hostのみに対応していましたが、このバージョンでは「Roco Z21」および「JMRI WiThrottle」のプロトコルに追加対応し、LocoToolsを使用しなくてもZ21およびJMRI経由で列車制御が行えるようになりました。

LocoTouch Hostを使用している場合についても、ファンクション制御をF28までの全ファンクションに対応化したほか、FastClockの全画面表示に対応するなど機能強化されています。

また、Android搭載型DCC制御スロットルである「ESU Mobile Control II」をデバイスとして使用している場合、スロットルノブ(速度調整)や追加ボタンによる各種操作が可能となりました。

詳しくはLocoTouchのページを参照してください。

なお、旧版LocoTouchをインストールしている場合はGoogle Playにより自動アップデートが行われますが、機能強化のためアプリの権限を変更しているため、完全に自動ではアップデートされず、権限の確認が必要となる場合があります。

[投稿時刻:14:35 | 個別表示する | コメント(0) ]

2016年3月 8日

LocoTools Ver4.00を公開

を公開しました。

数年ぶりのメジャーバージョンアップとなる今回は、エンジンの作り直しによる安定度向上、最新Windows対応、ファンクション操作やデコーダ プログラミングの強化といった大幅な更新を多数行いました。

詳しくはLocoTools配布ページの更新履歴を参照してください。

[投稿時刻:12:42 | 個別表示する | コメント(0) ]

2015年12月14日

255系を整備する

KATOから255系が発売されたので、手持ちのマイクロエース製品と比べてみましたが、車体造形についてはマイクロエース製品も特に遜色無いと感じました。
そこで、KATOのASSYパーツを使ってマイクロエース製品のグレードアップを施してみました。具体的には

  • クーラー・ラジオアンテナ
  • 無線アンテナ・信号炎管
  • パンタグラフ
  • 中間車床下(動力含む)
  • 前面スカート

をKATOパーツに交換し、模型の走行性能向上と実物における機器更新および強化型スカートの再現を同時に行うというものです。

屋根上パーツとスカートをKATO製に交換。上から見る模型では外見統一に高い効果があります。
両者の車体造形は側面ではあまり違いが感じられませんが、前面造形に若干の違いがあり、マイクロエース(下写真左)のほうが若干前頭部の傾斜角がきつめな印象です。

中間車はまるごとKATO製床下に交換。ガラス・床下とも、写真赤丸部が干渉するので切り取り、車体ガラス下の赤線部分に1mmプラ角棒を接着してスペーサーとしています。
動力車についてはガラス下端を開口部ギリギリまで切り詰めますが、ヒビ割れに注意してください。

中間車がKATOボディマウント密連となるため、床下がそのままの先頭車にも同カプラーを取り付けます。
余剰のダミーカプラー台座を装着してからカプラーを接着することで高さを調節しました。

外見・走りともほぼ統一された両者。実物も機器更新され、当分は活躍してくれそうです。
なお、マイクロエース製品(初期仕様除く)には転落防止幌が再現されており、ボディマウントカプラーにするとかなり接近しますが、ユニトラックのR249のカーブ/複線片渡りポイント/ダブルクロスポイントは特に問題無く通過できるようでした。

[投稿時刻:14:59 | 個別表示する | コメント(0) ]

奥付

サイト情報

  • サイト内容や作品についてのご意見・ご質問等ございましたら、最新日記エントリへのコメントとして(日記内容には関わらず)受け付けております。
  • 本ウェブサイトは、2002/01/12に開設されました。
  • トップページおよびブログはMovable Type 6.0.3で構築されています。
  • RSS 2.0/RSS 1.0/Atomを配信しています。
  • 国電無線アンテナで更新時刻をチェックできます。
  • 当ウェブサイトで掲載している改造・加工方法について、それを実行したことによるいかなる損害や問題に対しても、管理人および関係者は一切の責任を負わないものとします。
  • Twitterでも情報発信中です。

リンクについて

本ウェブサイト内リソースへのリンクについては一切の制限を行っていませんが、画像・記事の無断転載は固くお断りします(著作権法に基づいた正当な「引用」はもちろん問題ありません)。

リンクバナーはこちら↓

リンクバナー リンクバナー(小)

結伝杜

当方は現在、所属サークル「結伝杜(ゆいでんしゃ)」にて活動を行っています。

結伝杜

製作・著作

Copyright(C) 2001-2016 橋本孔明(Koumei Hashimoto), all rights reserved.