LocoTools Ver3.00およびLocoTouch(スマートフォンからの操作)を公開しました

(他の記事に移動:« [富士急6000系 第一陣甲種輸送] | [iOS版LocoTouchが公開されました] »

2011年12月 4日 01:44:58

LocoTools Ver3.00、およびスマートフォンからの制御アプリケーション「LocoTouch」を公開しました。

   

LocoToolsは不具合修正や安定性の向上のほか、「FastClock Manager/Viewer」の正規版組み込み、LocoTouchからの接続を受け付ける「LocoTouch Host」を追加しました。

新規公開となる「LocoTouch」はAndroidおよびiOS(公開予定)対応のアプリケーションで、それぞれAndroidマーケットおよびAppStore(公開予定)からのダウンロード提供となります。 詳しくはLocoTouchの紹介ページを参照してください。
(Android版はAndroid2.2以降、iOS版はiOS 4以降の対応となります)

LocoTouchにより、スマートフォンやタブレットなどのポータブルデバイスからの列車制御が可能となりました。
デバイス自体を傾けて速度制御を行えるなど、ポータブルデバイスならではの要素も組み込んでいます。

今回公開したアプリケーションは初版ということでまだ試作的な要素が強く、ユーザーインターフェースの整備なども今後のバージョンアップの課題となりますが、DCCの制御の新しい可能性・楽しさに触れていただければ幸いです。

iOS版はこのあとAppleに登録申請を行います。何か不備や問題があれば再審査となるため、公開までしばらくかかりそうですのでお待ちいただければと思います公開されました

なお、Android・iOSともに、アプリケーション開発自体が作者としても初の挑戦となるため、不備や不具合が残っている可能性があります。説明ページにも免責事項を掲載していますが、不測の事態(列車が制御不能になるなど)には充分注意してご利用ください。
不具合以外にも、電話がかかってきたり電池切れなどで制御が行えなくなる可能性も考えられます。

コメント

コメントの投稿



※管理者以外には非開示・必要がなければ記入は不要です



※英語・英単語の記入はSPAM誤認定を招きやすいため、できるだけ日本語のみでご記入ください