70-000系 機器更新

(他の記事に移動:« [新刊「首都圏通勤車両Profile」完成] | [富士急6000系 第一陣甲種輸送] »

2011年5月11日 13:13:26

いよいよ東京臨海高速鉄道70-000系でも機器更新が行われました。今回出場したのはトップナンバー(Z01)編成です。

以前より多くの編成でブレーキ制御装置のみの更新が先行実施され、緩解音がE233系のようになっていたのですが、今回は主制御器・補助電源装置などの更新が行われています。

(209系のようにドアエンジン系やATS系の更新が実施されたのかどうかは未判明)

2t.jpg

70-018の補助電源フィルタ(ICD)。大型化されたため従来設置されていた蓄電池と干渉するのではないかと思っていましたが、やはり蓄電池が見あたらず。

70-019

蓄電池(B)および変圧器(ARf)は先頭車へ移設されています。スペース捻出のためATC機器も台車寄りにずらされているように見えます。

なお、元々SIV省略だった中間M2車は蓄電池もそのままでした。編成内蓄電池3個体制は維持されているようです。

東京臨海高速鉄道70-000系Z01編成機器更新車 池袋発車

発車シーンを動画撮影しました。209系やE217系の機器更新車でおなじみのサウンドとなっています。

コメント

コメントの投稿



※管理者以外には非開示・必要がなければ記入は不要です



※英語・英単語の記入はSPAM誤認定を招きやすいため、できるだけ日本語のみでご記入ください